本来であれば、事前に自分のブログでバンバン告知すべきところ、なかなか時間がなく告知できずにイベントを迎え、しかも終了してしまいました…^^;


 小松島市にある雑貨店『Piccolo』さんで、10/2~10/4の三日間、約2m×2mのパーテーションにペイントさせていただきました。


 完成はこちら。⇓

title『始まり』。


 「作品に説明がいるなんて二流だわ。」


 と言われるかもしれませんが、説明させていただきます。





 もともと、依頼主からのオーダーは、


「グラデーションを描いて。」


でした。


 ただただ、グラデーションを描くことは簡単でしたが、せっかくの機会なので、オリジナリティを表現したいと思い、テーマを決めて描くことにしました。


 私の決めたテーマは『ミルキーウェイ』でした。ん?天の川??




 ↑写真は部分的なアップです。


 パーテーションの3面あるという特性を生かして、大胆な構図にしつつ、最後にはまとまりを持たせました。
 なんと折りたたんでも奇跡的にちゃんとした作品に見えます( ´∀` )


 芸術は爆発だ!から安全に着地できた感じです。


 ある意味すごーい。


 
 「これは天の川には見えん!」というご意見もありましょうが、あくまで自分の中でかみ砕いて出力したものなので、どう見られようが、それは仕方ありません。


 理解できないものこそアート。好き嫌いもあって当然!



 これが自分の中での正解、というわけではありません。


 なんとなく白いラインは星雲。左下は惑星?右上はブラックホール?などと想像力を働かせて各々でお楽しみください^^
 


「これ何?さっぱりわからん。」から興味を持っていただければそれで御の字です。



 ということで、離れてみると幾何学的な現代アート。
 近くで見ると繊細な筆遣い(指遣い)を感じていただけると思います。
 ぜひ間近でご覧いただければうれしいです。


 撮影やSNS投稿もOKとなっておりますのでお気軽にお越しください。





 さて、三日間描いていて、感じたことがあります。


「アートというものは正解がわからんなぁ。」
「死ぬまで描いても完成せんなあ。」
「人からどう思われようが構わない。」


ということです。


 描いている途中で、自分でも「ちょっと違う」と思う所があったり、


 「○○に見えるなぁ。」と言われると、「そうかなぁ。」と揺らいだり。


 大きな作品、しかも抽象画を描くことで、「アートとは?」を考える良い機会となりました。


 そして何より、


楽しい!




 おおきなキャンバスに描くのはなんて気持ちいいんだろう!好きに描いていいよ!なんて自由なんだろう。
 本当にノビノビとさせていただいた素晴らしい三日間でした。


 初めての抽象画(?)、普段とは違うテイストの絵を描けて大変楽しく勉強にもなりました。


 Piccoloさんありがとうございました!




 今後も少しずつ、普段のチョークアートとは違うものを描いていって、来年は久しぶりに展示会に出品してみるか!
 少しアーティスト魂に火が付きました笑^^


 本日も最後までお読みいただきありがとうございました。