本日、無事にNHK『とく6徳島』のコーナー”とく6トーク”に出演させていただきました!!


 ということで、本日は興奮冷めやらぬ中、文章にまとまりがない状態での感想文になります笑


 緊張しっぱなしの収録でしたが、普段見えないTV局の事務室やスタジオ、ラジオブースなど、大変貴重な(?)ものがたくさん見学できました^0^


 TV業界や機械類には疎い方ですが、すごい!と思う機材がたくさんありました。じっくり見たかったなぁ…。
 それぐらい、すごい機会の集合体でした。


 スタジオの外から色んな指示が聞こえてきたり、進行状況、時間の配分、マイクチェックなど、1つの番組制作にたくさんの方がかかわっているなぁとしみじみ実感しました。


 みなさま、大変お世話になりました!





 TVマンは大変なんだなあと感じるアイテムも発見しました笑


 控室の前の椅子にふとん一式が、まさに、ドサッ!という感じで載せられていました。
 (帰れないのね…。)
 徳島の田舎に、ドラマで見るようなTV業界がそこには広がっておりました!

キャラクター「かめった」くん。チョークアートバージョンをプレゼントいたしました

 


 さて、当日に収録・編集・放送だったので、私には怒涛の一日でした。


 終始緊張していましたが、放送を見ていただいた方にはどのように映ったでしょう…。


 自分自身を客観的に見る機会がそんなにないので、約7分間自分のしゃべる姿をTV画面で見て、複雑な心境になりました。


・丸い(見た目)
・老けたなあ(見た目)
・え?こんな声?(鼻は詰まっていたものの。)
・「そうですね。」が多い。(語彙力…)


 素人なので仕方ないものの、「人に見られることを意識する」のは大事だなあとひしひし感じました。


 もし、今後TVショーに出してもらえる機会があれば、もっとキレイに上手に映りたい!しゃべりたい!


 ということで、嬉しい出来事でしたが複雑でもありました^^笑


 知人から、「TV見たよ!」の連絡が来ましたが、概ね良好な感触でした。(ホッ。)



 編集の力~T0T


 子供は後半部分を見てくれたのですが、「フフフッ」と笑われてしまいました!
(少しは親の背中を見せられたかしら~?)


 とにもかくにも、大きなTV局初潜入は、とても刺激になりました。


 大仕事を終えたので、山積みの制作に精を出すことといたします!


 NHKの皆様大変お世話になりました!


 
本日も最後までお読みいただきありがとうございました!